ワックス脱毛のことを知ろう

ワックス脱毛に使用するワックスは主にミツロウや松ヤニなどの低温で安全に使用できる成分でできていますが、自分で手創りすることもできます。
自作のワックスとして一般的なものはシュガーワックスです。
グラニュー糖などの砂糖と水、レモン汁だけで作ることができ、作り方もキャラメルを作るのと同様でとても簡単です。
材料すべてを鍋に入れて火にかけ、焦げ付かないように木ベラなどでゆっくりと混ぜていき、とろみがついて濃いアメ色になったら火からおろして覚まします。
色の変化がわかりやすいようにするために砂糖は三温糖などの色がついたものではなく白いものを用意したほうが作りやすくなり、できたてのシュガーワックスはとても熱いのでやけどに注意します。
指で触っても平気な人肌程度の熱さで水あめ位の硬さになったら市販のものと同様に薄く肌に塗って使用しますが、冷ましすぎて硬くなってしまった場合には湯せんで温めて柔らかくします。
布を貼って剥がす方法でも抜くことができますが、固まったワックスだけの状態でも剥がすこともでき、ワックスだけで抜いた場合には繰り返し使用することができます。
はちみつを加えて作ると保湿効果のあるワックスになります。

コメント

コメントを受け付けておりません。